次に戦う敵

“輸液” “強制給餌” “傷の消毒” の為、毎日通院していたシエル。
食欲が通常に戻り、傷も良くなってきたので、体調に異変がなければ10日後の抜糸まで
家での投薬でいいとのこと。

今日のレントゲンで笑っちゃうほどうんちょが腸詰になっていた^^;)
先生が“こりゃ、人間のものほどの太さだな~;;;”
ピーちゃんが治らない事も考慮し浣腸をした。
出た出た!
すっごい大量のブツが(≧∇≦*)
それもちゃんと固まってた♪
これでこの問題は解決かな?

しかし血液検査の結果が良くない。
抗生剤で抑えていた感染症の疑いもまだ晴れない。
しかしこれは傷の治りが悪く、毎日傷口を開いて消毒していたからそのせいだとの事。
幸い傷口は化膿してなく今日で消毒も終わりにして傷を塞ぎ、10日後に抜糸。
10日後に数値が下がればこの問題も解決か?
腹膜炎を起こしていての感染症じゃないことを祈る。

新たな問題が出てきた。
肝臓の数値が異常に高くなってしまった。
5日前の血液検査の時は正常値だったのに。。。。
食事を取り始めると上がる事もあるとのこと。
当分はこの問題との戦いだな。。。。

e0005545_073375.jpg
手術の日から500グラム体重が増えました。
内臓機能回復の為には食べて体力をつけなければなりません。
幸い食欲は凄くあるし、元気もあります。

主人は毎晩夜10時、シエルの投薬のため、体を押さえる係りとして一度帰宅してくれてます。
そしてまた同じ敷地内にある事務所に戻ります。
シエルも協力的でわたしらもコツをつかめたので最初の頃のような流血騒ぎも無くなりました。
家族みんなでシエルが健康に戻ることを信じて頑張ります!!


8月は決算書類提出だというのにこの事で仕事が遅れに遅れ、会計士の先生にせっつかれています。
数字の仕事、一番苦手なのよ~ん;;;

たくさんのコメントを頂いているのにお返事が出来なくてごめんなさい。
みなさんの温かい言葉が励みになっています。
ありがとう!!


いつも応援ありがとうございます  にほんブログ村 猫ブログへ


どうもありがとうございました。
[PR]

by shimbacielnoel | 2006-08-22 00:49 | シエル  

<< あれ?仲良かったっけ? 夜空ににゃんこ♪ >>